Follow US
facebook twitter
NO. 013
CULTURE
秒速で分かるじげん

じげんの成長環境

01.28.2020

「事業家集団」を掲げるじげんでは、社員一人ひとりが、専門性と広い知識を有し、ビジネスをリードする「事業家」になるための環境があります。
なぜ、じげんは「事業家集団」であり続けられるか、そのヒントをお伝えします。

豊富なポジション、多様なキャリア

じげんは変化の激しいIT業界において非連続な成長を続けてきました。
今後もM&Aや事業の立ち上げ、外部とのアライアンスによってどんどん新事業やグループ会社が生まれていく見込みです。
その際に求められるのはまさに事業をリードする「経営」ポジションを担える人材。

じげんの事業責任者が見る範囲は広く、ヒト・モノ・カネをマネジメントする「経営」に他なりません。
また、もちろん経営者を支える参謀=「スペシャリスト」の存在も欠かせません。
事業が拡大していくことで、裁量の大きい仕事を掴むチャンスが豊富に生まれ、事業家として多方面からじげんのビジネスを牽引することが期待されています。

関連記事:

対談記事:未来の経営者たちと、じげんのさらなる拡大を目指して。

未来の経営者たちと、じげんのさらなる拡大を目指して。

実力重視の抜擢、健全な「修羅場」経験

じげんでは「裁量を持ち、自分が意思決定できる範囲や量を重ねることが成長に繋がる」と考えています。
「修羅場」と言うと聞こえは厳しいかも知れませんが、自分がビジネスの難易度の高い局面に立ち、打開することで事業家としてのキャリアの幅が広がると考えています。

また、じげんはバックグラウンドに関わらず、機会を与えられる会社。
それを裏付ける若手社員の抜擢実績も豊富で、新卒入社2年目でリーダー、新卒入社4年目で事業責任者、中途入社3年で事業責任者…などの実績があります。
ただ、もちろん1人で修羅場を経験させるわけではなく、周囲のバックアップや成長を支える制度もあります。
安心してチャレンジ出来る仕組みを持つ会社をじげんは目指しています。

求められる高く広い視座

じげんのクレドのひとつに「Do the ビジネス」=「決断に迷ったときは自分が社長だったらどうするか考える」がある通り、じげんでは経営視点が常に求められています。
代表、役員、事業責任者などとの距離が近く、経営視点で物事を考える機会も多いためです。
経営層の、決断する際のエッセンスを身に付けることが出来る環境です。

また、じげんでは他職種・多事業のメンバー同士の「化学反応」を生むために、組織はオープンでフラット。
営業でありながら商品企画にも携わったり、入社1~2年目でも中期経営計画の策定に携わったり…。
少数精鋭だからこそ、部門・職域の壁を超えて協業が可能です。

関連記事:

じげんのミッションと10のクレド

じげんのミッションと10のクレド


秒速で分かるじげん とは?

こちらのコンテンツは、じげんの組織・事業・環境や制度について「シンプルでわかりやすく」お届けするコンテンツです。

SHARE
  • facebook
  • twitter
Top