Follow US
facebook twitter
NO. 017
PEOPLE
じげんのキャリアビルダー

可能性に投資をしてくれたじげんに、 恩返しをしていきたい

02.07.2020

株式会社じげん執行役員の波多野佐知子。2006年に公認会計士試験に合格。有限責任あずさ監査法人に入所する。2010年に公認会計士登録。2011年ライフネット生命保険株式会社に入社し、経理部マネージャー、IPO準備担当、経理部長を経験する。2018年に じげんに入社し、経理・法務・労務・総務といったバックオフィスの責任者として活躍。子育てに奮闘しながらも、自らのキャリアを形成していく活力について聞いた。

子育てしながら、スキルアップも実現する

じげんに入社するまでにどんなキャリアを築いてきましたか。

大学卒業と同時に公認会計士試験に合格し、有限責任あずさ監査法人に入所しました。監査の仕事をしていく中で、組織の一員となって内側からの景色を見てみたいと思い転職を決意しました。世の中を変えようという会社のビジョンに惹かれ、ライフネット生命に転職。IPO(新規上場株式)の準備や株主総会の事務局を経験。その後、産休を経て経理部長を任せてもらいました。一緒に働く仲間も好きでしたし、産休も育休も取りやすくて、女性が働きやすい環境でした。育児を経験しているからこそ、働ける時間の貴重さを感じました。子どもが成人するまでは、いろいろなことがあると思います。「子どもがいるからできない」と言っていたら、スキルアップやキャリアアップができなくなります。働く時間を濃密にしたいと思い、転職活動を始めました。

チャレンジする人に寛容な会社

じげんに入社した理由を教えてください。

経理以外のバックオフィスもできる人になりたかったので、会計経理の枠を超えた仕事をしたいと考えていました。そんなときに、エージェント会社が紹介してくれたのが「じげん」でした。当時のじげんはすでに上場を終えていましたが、さらなる飛躍を目指しM&Aを活発に行っていました。監査法人対応などについては、今までの経験を活かして貢献することができるし、会社全体の変化も大きそうだったので、興味を持ちました。責任者候補の中途採用の場合、通常はスキルや経験が十分にあり、安心して任せられる人材を求めることが多いと思います。私の場合は経理の経験が中心だったため、不足している部分があり、今できることと、これからできるようになりたいことを正直に話しました。私が入社できたのは、会社が私の成長に投資をしてくれたからだと思っています。

毎日がチャレンジの連続

印象に残っているチャレンジした出来事を教えてください。

入社してから今まで、ほぼ毎日がチャレンジの連続でした。特に入社後約1年の間に、最初はほぼ経理を見るだけだったところ、法務・総務・労務と所管が拡大し、関連して部下も増えました。活発なM&Aによりグループ会社も増えていきました。
特に大きなチャレンジは、2019年の1月~3月ですね。海外子会社2社を含む日本最大級の中古車輸出サイトであるTCV(当時:tradecarview)をM&Aしましたが、コーポレートを含め人員の引継ぎがありませんでした。事業譲渡元から業務の引継ぎを受けつつ、急激に増える業務に対し、入社間もないメンバーと二人三脚で推し進めたことは忘れられません。この時期は、別のプロジェクトを並行で進めていたり、期末の業務も重なり、コーポレートアクションが盛りだくさんでした。じげんの管理部門の特徴は、過去・現在・未来の広がりが大きく、全て同時に向き合う必要があります。このように、所管の拡大・グループ会社の拡大・時間軸の広がりと、3方向に自分の役割が広がることが、自分にとっての大きなチャレンジでした。

チームのパフォーマンスを上げたい

そのチャレンジを通して学んだことを教えてください。

去年までは部署の人数も少なかったので、少数精鋭部隊で全力疾走してきた感じでした。今は人数も増えたので、強い組織を創るために、いろいろなバランスを取る必要が出てきています。管理部長はバックオフィスの長で、本来であれば安定感が必要なポジション。その一方で、チームとして安定しすぎるのは、当社の管理部門の場合はリスクになり得ます。組織も個人も、変化に柔軟に対応する力を向上させることで、当社の特長のひとつであるスピードを活性化できます。今はチャレンジの最中で、上司やチームの仲間に支えてもらっています。私自身のポータブルスキルなどを向上させ、早く周囲を支えられる存在になりたい。そうすることで、みんなのやりがいやパフォーマンスがもっと高くなりますし、各々のスキルアップにもつながると思っています。

もっと事業成長を加速できる管理部門に

どんなキャリアを積んでいきたいですか。

管理部門全体がレベルアップし、企業価値の向上に寄与していきたいですね。攻めと守りを共に強化、どこにも真似できないようなコーポレートとし、本当の意味で事業成長を加速できる管理部門にしたいです。そのためには、サービスや事業の理解を含む職域に留まらない知識やコミュニケーション力や判断力等など、あらゆるポータブルスキルを身に付ける必要があると思いますね。
これまで、周囲の方々に助けてもらいながらたくさんのことにチャレンジさせてもらっています。今後は自分自身をレベルアップすることで、お世話になっている皆さんに恩返しできるようになりたいと思っています。


波多野佐知子

株式会社じげん
執行役員/公認会計士

2006年 公認会計士試験に合格し、有限責任あずさ監査法人に入所。
2010年 公認会計士に登録。
2011年 ライフネット生命保険株式会社に転職。
2018年 株式会社じげんに入社。経営管理部部長就任。
2020年 同社執行役員就任。

SHARE
  • facebook
  • twitter
Top