Follow US
facebook twitter
NO. 050
BUSINESS
じげんのビジネス

じげんの新組織・ライフサポートDivisionが目指す「生活機会の最大化」とは(後編)

08.28.2020

2020年2月、M&Aによりじげんグループとなった株式会社アイアンドシー・クルーズ(以下、IACC)は、同年7月に新しい組織「ライフサポートDivision」として、じげん本社のライフメディアプラットフォーム事業本部に統合された。じげんグループに参画以来、事業をこれまで以上に大きく成長させ、推進し続けている。
前編に引き続き、ライフサポートDivisionの部門責任者、佐藤のM&Aの裏側について語ってもらう中で「じげんの成長の秘密」を彼がどのように捉え始めているのか。「事業家集団」精神の実態をまだジョインして日も浅い彼からの目線で後編では語ってもらう。

事業家集団の神髄は、経営/事業に対する真剣さとストイックさ

前編ではじげんと、佐藤さんご自身の「差分」について触れておられました。成長できる秘訣は、実際に見つかりましたか?

たくさんの「差分」を感じる機会がいくつもあることについて触れさせていただきましたが、中でも痛感した1番の点を挙げるとすると、経営/事業に対する「ストイックさ」だと思います。

M&A以後、代表の平尾をはじめ、取締役や各グループ会社、部門を務める責任者達と週次でミーティングをしていますが、毎週毎週が白熱したディスカッションの場です。緊張感があり、細部にこだわり、アップデートが必ずある場になっています。一見、普通のようなことかもしれませんが、毎週毎週、熱量の高い場をつくることは本当に難しいことだと思いますし、参加者の熱量が高くないと成立しません。

実は、経営会議の運営方式を昔じげんにアドバイスいただいて旧 IACCで実践していたのですが、実際に体感してみると大きな違いを感じました。
経営/事業に対する「真剣さ」や継続しつづける「ストイックさ」が、自分自身に足りないものだったんだなと、長年経営者をしてきて、大変恥ずかしいのですが、大きく差分を感じました。

佐藤さんの方が経営層より「業界のこと、事業を知っている」ということも多々あると思いますが、それでも得られる気づきはあるのですね。

もちろんです。専門領域の部分は私が知ってしかるべきなのですが、経営者として、事業家としては、じげんのみなさんの方が何歩何10歩も先を経験していますので、これぐらいの規模感だと何に苦しむ、今後はこういった壁に直面するなど、具体的なアドバイスがもらえること、壁打ちさせてもらえることは大変貴重な経験だと思っています。

住まい、自動車、旅行などの他領域の事業責任者とディスカッションする機会もおありかと思います。一緒にやることに意義はありますか?

繰り返しになってしまいますが、とてもあると思います。

それぞれの事業の意思決定はすごく参考になりますし、他の事業でうまくいったことは「取り入れてみよう」とシンプルに成長手段を知ることになります。
会社、経営層の「引き出しの多さ」というのは複数領域において多角化事業をしているじげんならではの特徴なんだなと思いました。

住まいDiv. Headの今井(右)、自動車Div. Headの小澤(左)と議論する佐藤

「事業責任者」という同じ目線の仲間がいるのは、佐藤さんにとって心強いものでしょうか。

そうですね。振り返ってみると、社会人経験も浅い中で起業をして、且つ、事例の少ない未開拓の領域にて長年経営を行っていたため、自分自身で意思決定をしなければならないと、妙に凝り固まった狭い視野になっていたなと思いました。今は毎週色々な方からの意見をいただきながら行っておりますのでとても新鮮でもありますし、結果として、成長を加速することができたのかなと感じています。

キックオフミーティングで登壇する佐藤

ユーザーと顧客のなくてはならないインフラに

今後、ライフサポートDivisionとしてはどのような成長イメージを描いていますか?

今大きく分けるとリフォームとエネルギーという2つのテーマにおいてビジネスを展開しているのですが、まだまだ大きなビジネスの拡張可能性を秘めている領域だと思っています。

両領域ともにEC化、DX化の普及が追いついていないというのが大きな理由ですが、今回のコロナ禍において急速にマーケットが変化しようとしているのを体感しています。今までにない市場の転換点を迎えているという捉え方をしていますので、この機を逃さず、我々の事業の拡張に注力したいと思っています。

また、ライフサポートDivisionでは「家を所有するユーザー」「住生活支援できる企業」という資産を保有しています、この資産を活かして、既存領域のみならず新規領域にも積極的に進出し、今まで同様に「次世代へ紡ぐ事業を創出すること」を継続していきたいと思っています。

タテ・ヨコ・ナナメに成長をし続ける、新たな事業を創出し続ける。「事業家集団」じげんの象徴となる組織を目指しつつ、生活機会の最大化に貢献ができればと思っています。


佐藤真治

ライフサポートDivision | Division Head

2006年 人材系コンサルティング会社に入社
2008年 株式会社アイアンドシー・クルーズを創業、取締役COOに就任
2020年 じげんへの統合に伴い、株式会社じげん ライフサポートDiv. Division Headに

※所属部署・役職は取材当時のものです。

SHARE
  • facebook
  • twitter
Top